読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6年間頑張ってくれてありがとう

顕嵐くん入所6周年おめでとうございます。


6年前、ジャニーズ事務所の門を叩いたときどうな未来を想像してたのかな?


すぐにデビューできると思った?

それともデビューなんて言葉知らなかった?


6年間ジャニーズ事務所で過ごしてきて、きっとこの1年が1番悩み苦しみ楽しかった1年だったんじゃないかと思います。いや、そうであってほしい。


Travis Japanを離れるということ。

Love-tuneというグループに加入すること。

簡単じゃなかったと思う。

誰が決めたのかわからないけど大きな波に流され顕嵐くんは今Love-tune阿部顕嵐として活動している。

でも顕嵐くんはどこにいたって阿部顕嵐だ。

堂々としていて、華があって、努力せずとも何でも軽々やってのけるように見える阿部顕嵐だ。

そんな顕嵐くんを好きになったから、7年目も、これからもずっと阿部顕嵐でいて欲しい。



そして今日、1年に一度のジュニア大賞の応募用紙が付いたMyojyoが発売された。


ずっと今年はどうしようかなあと考えていました。

いや、顕嵐くんに投票する以外ないんだけど、前回のジュニア大賞の時に来年は1位を目指そう!と言われた顕嵐くんが返した言葉が忘れられない。


「来年はJrじゃなくて…Jr.大賞から卒業」


もう顕嵐くんの目標はここにはないのかもしれないと感じてしまった。

いつだって一歩先を見つめている顕嵐くんに寂しくも嬉しくなった。

今はあの時この言葉を伝えた仲間とは違う仲間と未来を見つめているのかもしれない。

けれど顕嵐くんがどこにいようと、誰といようと、顕嵐くんが見せてくれる未来に振り落とされないように付いていくだけです。


入所6年おめでとう。

7年目もキラキラした明日に連れて行ってください。



見えないものに立ち向かう 希望・勇気手に入れろ

明日へ続く道のりを 一歩ずつ踏み出してみる

未来に祈るように 月を見上げてみる

カラフルな世界へ

カラフル/山下智久